ヘッドライン

    お勧め記事

    自民

    はてなブックマークに追加
    1 名前:パンナ・コッタ ★:2022/08/10(水) 12:22:03.49 ID:sZfXnEXH9.net

    https://www.yomiuri.co.jp/politics/20220809-OYT1T50208/

    岸田首相(自民党総裁)は10日に行う内閣改造・自民党役員人事で、高市早苗政調会長を経済安全保障相に起用する方針を固めた。

    https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/08/20220809-OYT1I50185-1.jpg


    ※前スレ
    【人事】第二次岸田改造内閣メンバー発表 [パンナ・コッタ★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1660051633/


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1660101723


    はてなブックマークに追加
    1 名前:蚤の市 ★:2022/08/10(水) 07:25:37.77 ID:xIbMEgpO9.net

     岸田文雄首相は10日の内閣改造で、現閣僚のうち、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)や関連団体との「関係」を認めた7人を交代させる。

     交代するのは、岸信夫防衛相▽末松信介文部科学相▽二之湯智国家公安委員長▽小林鷹之経済安全保障担当相▽野田聖子地方創生担当相▽山口壮環境相▽萩生田光一経済産業相。このうち萩生田氏は自民党政調会長として起用する。


     岸氏は選挙支援を旧統一教会から支援を受けていたと明言。末松氏は教会関係者が自身のパーティー券を購入したと明らかにした。二之湯氏は関連団体のイベントの実行委員長を務めたと説明している。萩生田、小林両氏は関連団体のイベントであいさつし、野田、山口両氏は祝電を送ったと明らかにした。

     首相は内閣改造にあたり、新閣僚と再任される閣僚に対して旧統一教会との関係の有無を点検し結果を公表するよう指示する考えを表明しており、9日の記者会見では「自ら点検し、厳正に見直していただくことが、新閣僚、党役員においても前提となる」と述べた。

    毎日新聞 2022/8/9 23:11(最終更新 8/9 23:18) 431文字
    https://mainichi.jp/articles/20220809/k00/00m/010/381000c


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1660083937


    はてなブックマークに追加
    1 名前:ボラえもん ★:2022/08/09(火) 21:57:17.05 ID:IABftrJV9.net

     野田聖子地方創生相(61)の夫・野田文信氏が、過去に暴力団員だったなどと報じた「週刊文春」の記事は事実無根で名誉を傷つけられたとして、
    発行元の文藝春秋に1100万円の損害賠償を求めていた訴訟。最高裁判所第一小法廷は8月8日、文信氏の上告を棄却。
    文信氏が元暴力団員と報じた点について、「真実である」とする東京高等裁判所の判決が確定した。

     野田氏は昨年10月に発足した岸田政権で、地方創生相として入閣を果たした。
    本会議場のひな壇の席次は“ナンバー2”とされる演壇の右側で、首相不在時の臨時代理の順位も松野博一官房長官に次ぐ2位。
    少子化担当相も兼務する野田氏は、首相の目玉政策の一つ、「こども家庭庁」の設置(来年4月に発足予定)も主導してきた。

    「今でも、自身のHPでは、『私は「日本初の女性の内閣総理大臣」を目指しています』と記しています。
    6月12日放送の「NIKKEI 日曜サロン」(BSテレ東)では、次期自民党総裁選への出馬意欲を問われ、『いつも目指している』と答えていました」(政治部記者)

    ■“元暴力団員だった事実はない”として発行元の文藝春秋を提訴

     一方、「週刊文春」は2018年8月2日号で、文信氏が「会津小鉄会」傘下の「昌山組」に所属する暴力団員だったことなどを報道。
    文信氏は元暴力団員だった事実はないなどとして、東京地方裁判所に発行元の文藝春秋を提訴した。

     裁判の過程で、「週刊文春」は、文信氏が昌山組に所属していたことを示す「暴力団個人ファイル」と題された警察庁の内部文書などを証拠として提出。
    その結果、東京地裁は2021年3月、文信氏が元暴力団員だった点について、真実相当性があるとする判決を下している。
    文信氏は判決を不服として控訴、「週刊文春」も一部判決を不服として控訴した。

     総裁選に出馬した野田氏は昨年9月20日、地方議員とのリモート会議で、夫の訴訟に関して「私は夫を信じている」などと発言。
    さらに、9月22日には、自身のブログで<「文春」が根拠としている警察庁のデータベースについては、夫が文春を名誉毀損で訴えた裁判の判決において、
    証拠として全く信用されなかった怪文書>などとし、報道が事実無根であることを強調していた。

    ■高裁の決定に一転、「訴訟の当事者ではない」と回答を拒否

     だが、東京高裁は今年2月3日、以下のような判決を下した。

    <警察庁幹部への取材結果等を総合すれば、1審原告が過去において京都の指定暴力団「会津小鉄会」傘下の「昌山組」に所属していたことは真実であるというべきである>

     1審では、文信氏が元暴力団員という点について「真実相当性がある」とする判決だったが、控訴審では「真実である」とする判決になっている。

     野田氏は高裁判決が出た直後、「週刊文春」の取材に、次のように回答していた。

    「訴訟の当事者ではないので、回答する立場にありません」

    (以下略、全文はソースにて)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/77a5f3134f495975710935e2e72d5df7993415dd


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1660049837


    はてなブックマークに追加
    1 名前:ボラえもん ★:2022/08/08(月) 18:49:38.11 ID:FGKxKM7x9.net

    自民党の茂木幹事長は8日、旧統一教会と自民党所属の国会議員の関係について、「これからは関係を持たないことが基本だ」と述べた。

    茂木幹事長は8日、記者会見を行い、旧統一教会と自民党所属の国会議員との関係について
    「我が党の国会議員、政治家として自覚を持って、点検を行い、見直すということなので、これからは関係を持たないことが基本だ」と述べた。

    さらに「具体的に状況が分かるのは、政治家本人や事務所なので、しっかりと点検し、事実確認をして欲しい」と強調した上で、
    党所属の国会議員に対して、旧統一教会との関係について、適正な見直しを求めるよう通達を出すことを明らかにした。

    また、会見に先立って行われた自民党の役員会で、岸田首相から
    「社会的に問題が指摘されている団体との関係については、十分注意しなければならない。我が党所属の国会議員については、国民に疑念を持たれることのないよう、
    政治家としての責任において当該団体との関係をそれぞれ点検し、適正に見直してもらいたい」との指示があったことも明らかにした。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/bb8bbac8acbf81ad49619984a25a225815fa6d9b


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1659952178


    はてなブックマークに追加
    1 名前:Stargazer ★:2022/08/06(土) 12:59:56.08 ID:Lr36cnG39.net

     衝撃的なスクープだ。安倍政権の誕生に「統一教会」が大きく関わっていた可能性が出てきた。「しんぶん赤旗」日曜版(7日・14日合併号)が報じている。

     旧統一教会の関連団体「世界戦略総合研究所」の小林幸司事務局長が、赤旗編集部の取材にこう証言しているのだ。

    「親しい議員からお願いされて自民党に入った。自民党員だったのは2011年から17年までで、途中1年ほど退会していたかもしれない」

    ■「首相になってほしいので安倍さんを応援し、投票した」

     さらに、12年9月に行われた自民党の総裁選について、「首相になってほしいので安倍さんを応援し、投票した」と認めているのだ。小林事務局長は、総裁選の半年後(13年4月)に開かれた「桜を見る会」に招待されている。招待された理由についても「(総裁選で安倍氏を)応援したからですかね」と話している。

     旧統一教会の関連団体の幹部が、自民党員となって総裁選で安倍晋三氏を支援したとハッキリと証言しているのだから衝撃だ。問題は、総裁選に関与したのは幹部1人だけだったのか、ということだ。旧統一教会の信者は、7万~8万人いるとされている。もし、全信者が自民党員になって総裁選で一票を行使すれば、十分、総裁選の結果を左右する力になるからだ。

     2012年の総裁選は、まだ自民党が野党時代に行われている。投票総数は約49万だった。当初は、石破茂と石原伸晃が有力視され“石・石対決”といわれていた。安倍氏は本命ではなかった。ところが、安倍氏は第1回投票で2位につけ、決選投票で石破を破って総裁に就任している。

     安倍氏が第1回投票で2位になったポイントは、石原に党員票で差をつけたことだ。議員票は<安倍54票 石原58票>と拮抗していたが、党員票は<安倍約14万票 石原約7万4500票>と大差をつけている。

     はたして、あの総裁選で、旧統一教会の信者が動いたのかどうか。検証する必要があるのではないか。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d2f9ead67c223e91835c4bf9dfa6cc409c0fb335

    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1659753456/


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1659758396


    はてなブックマークに追加
    1 名前:樽悶 ★:2022/08/07(日) 16:17:37.67 ID:cvpeAhTN9.net

     岸田文雄首相(自民党総裁)が10日に行う内閣改造・党役員人事は、内閣支持率が下落傾向にある中、刷新感をアピールできるかが焦点になる。ただ、最大派閥の安倍派(97人)は世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と関係のある議員が多いとされ、スキャンダルの有無などをどれだけ調査できるかも不透明で、逆効果となるリスクもはらむ。

     「閣僚について(旧統一教会との)関係にはさまざまな濃淡がある」。首相は6日の記者会見でこう述べながら、「国民から信頼される行政」実現に向け、新閣僚らと旧統一教会との関係を調べる考えを示した。

     共同通信の7月末の世論調査で内閣支持率が前回から12・2ポイント減の53・3%となるなど、報道各社の世論調査で支持率が下落。旧統一教会と自民議員との関係が相次ぎ発覚したことが一因とされ、内閣改造を機に旧統一教会の問題に取り組む姿勢を演出し、態勢を立て直す狙いがある。

     対応に苦慮しそうなのが自民議員の約4分の1を占める安倍派の処遇だ。所属する下村博文前政調会長や岸信夫防衛相が旧統一教会と接点があったことが判明。安倍晋三元首相の祖父、岸信介元首相が教団創始者との関係を築いたとされ、「安倍派は旧統一教会と思想信条で近い議員が多い」(政府関係者)とされる。

     自民内には「人事では茂木、麻生、岸田各派が主流派になる」(ベテラン職員)との見方があるが、そうなれば安倍派内で不満が高まるのは必至。参院選で掲げた防衛力の抜本強化や憲法改正論議、2023年度予算の作業編成を円滑に行うには、最大派閥の協力が欠かせない。同派中堅は「人事で岸田さんの度量が問われる」とけん制する。

    8/7(日) 14:18配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/313b6d6535f03670c78fca42475b14e12c3094f4


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1659856657


    はてなブックマークに追加
    1 名前:蚤の市 ★:2022/08/07(日) 10:54:02.27 ID:vF9vVJts9.net

     自民党の安倍晋三元首相が銃撃され死亡してから8日で1カ月を迎える。保守系議員らは会合を相次ぎ開催し、安倍氏の遺志を継ぐことを確認した。ただ、リーダーを失った衝撃は大きく、「漂流する保守」(閣僚経験者)への危機感も募る。背景には衆目の一致する後継者がいないことがある。

     安倍氏が顧問を務めた「保守団結の会」が3日開いた会合では、安倍氏の遺影が飾られた。代表世話人の高鳥修一衆院議員は「まさに痛恨の極みであり、心に大きな穴があいた。深い深い悲しみの中にいる」と心情を吐露。4日には安倍氏が特別会員だった「日本の尊厳と国益を護(まも)る会」も会合を開き、代表の青山繁晴参院議員らが黙とうをささげた。
     安倍氏は稲田朋美元防衛相が会長の「伝統と創造の会」顧問を務めた。超党派の「日本会議国会議員懇談会」にも特別顧問として深く関与するなど、保守派全体の象徴として強い影響力があった。
     それだけに保守派からは「安倍氏に代わるリーダーはいない。余人をもって代え難い」(中堅)と急逝を惜しむ声が絶えない。党内保守派の代表格で同懇談会会長を務める古屋圭司元国家公安委員長は「野心はない」とされる。安倍氏の支援で昨年の総裁選に出馬した高市早苗政調会長は、安倍氏亡き後の展望が見えない状況だ。
     生前の安倍氏は周囲に「保守はなかなか団結しない」と漏らしていた。同氏を中心にまとまっていた保守派が「いくつかのグループに分裂してしまう」(党関係者)懸念が現実となる恐れもある。
     安倍政権時に「岩盤」と呼ばれた保守層の離反を指摘する声も出ている。岸田文雄首相が安倍氏の「国葬」決定に踏み切ったのは保守層や保守系をつなぎ留めるのが狙いとの見方もある。ただ、党内リベラル勢力の系譜に位置付けられる「宏池会」(岸田派)を率いるだけに限界もありそうだ。
     こうした中、安倍氏が会長を務めた「創生日本」を、安倍氏の「四十九日」に当たる25日以降に再始動させる計画が進む。保守系糾合が狙いだ。ベテランは「第2次安倍政権をつくった原動力だ。大きな遺産だからしっかり稼働させたい」と意欲を見せるが、安倍氏死去後もその「威光」に頼らざるを得ないのが保守派の実情でもある。

    時事通信 2022年08月07日10時24分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2022080600396&g=pol


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1659837242


    はてなブックマークに追加
    1 名前:ニョキニョキ ★:2022/08/05(金) 23:24:21 ID:tDgz22b89.net

    反社会的集団を利用してきた自民党の裏面史

    次々と、統一教会(現・世界平和統一家庭連合)と関わり合った政治家の具体事例が明るみに出ている。関連団体のイベントに出席したり祝電を送った国会議員がこれだけいますと先手を打って発表した日本維新の会や立憲民主党のケースもあるが、教会との深い関係を漂わせるのは、圧倒的に自民党だ。


    平井卓也衆院議員は昨夏、地元・香川で開催されたUPF(天宙平和連合)のイベント「ピースロード」で、実行委員長をつとめた。武田良太衆院議員と山本朋広衆院議員は17年2月、UPFが開いた「世界平和国会議員連合」の総会に出席、韓鶴子総裁から「それぞれ自分の国の氏族メシアになってください」とご託宣を受けた。

    ほかにも、細田博之衆院議長、逢沢一郎衆院議員、萩生田光一衆院議員、江島潔参院議員、岸信夫防衛相、二之湯智国家公安委員長、末松信介文部科学相…と数え上げればきりがない。

    それでも「統一教会と自民党には、組織的関係はない。個別の調査はしない」と茂木幹事長は言う。

    党執行部の決定や承認を経て統一教会となんらかの関係を取り結ぶことを「組織的関係」というのなら、むろんないだろう。自民党の政治には昔からオモテとウラがあり、統一教会はウラの担当だ。統一教会の組織票を自民党が割り振っていたとしたら、それはウラの動きといえよう。

    統一教会票といっても、せいぜい10万票ていどとみられる。だが、この票の強みは教会本部の号令一下、確実に決められた候補者に流すことができるところだ。その割り振りを安倍元首相がしていたという疑惑があるが、ここへきて重大な証言が飛び出した。

    統一教会のイベントに2020年から3度参加した伊達忠一前参院議長は、HTB北海道テレビの取材に対し「選挙でお世話になったお礼」と、参加の目的を明かしたうえで、安倍元首相と統一教会の関係について次のように語ったのだ。

    「宮島喜文。長野から出てる。これを前回(2016年の参院選)で『どうだろう?』と安倍さんが(聞いて)、『統一教会に頼んでちょっと(票が)足りないんだウチが』と言ったら、『わかりました、そしたらちょっと頼んでアレ(支援)しましょう』ということで」

    「今回(今年7月の参院選)は安倍さんは『悪いけど勘弁してくれ』と。『井上(義行氏)をアレ(支援)するんだ』という話になって、宮島は辞退したんですよ」

    伊達氏が同じ臨床検査技師出身であることから肩入れした全国比例候補、宮島喜文氏(前参院議員)への統一教会票の割り振りをめぐる、安倍元首相との生々しいやり取りである。どうやら、安倍氏に頼めば教会票を動かせると伊達氏は認識していたようだ。

    16年の参院選では、安倍氏が教会票を回してくれたので宮島氏が当選、今年の選挙ではその分を井上義行氏に割り振ることになったため、宮島氏は出馬を断念したということらしい。

    安倍氏の意向しだいで票の行き先を変えられるというのは、どうみても尋常な関係ではない。安倍事務所には、統一教会の関係者が出入りしていたとも聞く。
    https://www.mag2.com/p/news/547740


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1659709461


    はてなブックマークに追加
    1 名前:Stargazer ★:2022/08/06(土) 21:19:55 ID:koaFt8hw9.net

    (略)

     自民党が政策に掲げる「毅然とした外交・安全保障で“日本”を守る」や憲法改正、そして昨年超党派で企図されたLGBT理解増進法案が自民党の横やりで国会提出見送りとなったことと驚くほど重なる。

     戦後、政治と宗教とはつねに論議を呼んできた。「数の論理」がものをいう政治の世界で、組織票も人材も提供してくれる団体があれば、すがりたくもなるだろう。宗教団体も、支持した政党が政権を取れば、活動の後ろ盾となることを期待する。

     ときには宗教団体自体が政党を起こすこともある。それが最悪の形で現出したのがオウム真理教の一連の事件だ。彼らは選挙にも出た。既存の社会を暴力で塗り替えることで、世の中を変えようとしたのだ。

     反対に、人間主義を前面に打ち出しているのが公明党で、支持母体は創価学会。彼らはあくまで「庶民の党」として、平和に世の中を変えようと主張している。学会の会員数は公称827万世帯。自民党と連携し連立与党として政治に大きな発言力を持つ。

    ■世間が忘れてくれるのを待っている

     自民党の反応が鈍いのは、宗教と政治の問題を追及すれば、公明党との連携の是非を問うことに行き着くからだろう。彼らは世間が忘れてくれるのを待っているのかもしれない。「モリカケサクラ」も忘れられつつある現在、これもやがて忘れられると踏んでいるのか。

     日本人の忘れっぽさに政治家たちが期待しているなら、私たちは「それは大きな間違いだ」と突きつけてやらねばならない。

     最後に、当欄の「国の威信より国民の命が重い」との記事には賛否両論あった。否定なさるのももちろんけっこうだが、その方々に問いただしたい。

     もし日本が戦争に巻き込まれたら、皆さんは国のために死ぬ勇気はあるのだろうか?

    https://news.yahoo.co.jp/articles/37ab0b1abe14cb39275733bd35527909f23b6e10


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1659788395


    はてなブックマークに追加
    1 名前:ボラえもん ★:2022/08/06(土) 19:17:55.14 ID:deRgprue9.net

     自民党と統一教会(現・世界平和統一家庭連合)との“癒着”に国民の厳しい視線が向けられている。
    特にズブズブとされる安倍派(清和政策研究会)は大揺れだ。

     中でも、現在の団体名への名称変更が文化庁から認められた時に文科相だった下村博文前政調会長は疑惑の渦中にある。
    メディアから説明を求められて「まったく関わっていない」と強調。「文化庁に聞いてほしい」と丸投げしたことで、ますます批判の火に油を注いでしまった。

     さすがにマズいと思ったのか、4日の派閥会合後に報道陣のぶら下がり取材に応じた下村氏は、「今となっては責任を感じる」と言い出した。
    派閥会合でも、名称変更の経緯が話題になったという。
    下村氏は「今回の問題で清和研の皆さんが迷惑や嫌な思いをされているのであれば申し訳ない」とも話していて、
    安倍派のイメージを悪くした“戦犯”の自覚はあるようだが、まず謝罪すべき相手は派閥の仲間ではなく国民だろう。

     もともと派内でも「人望がない」(中堅議員)と言われてきた下村氏は、会長代理として安倍派をまとめる立場。
    3日から4日まで派閥の若手・中堅と当選回数ごとにグループ懇談し、人事の希望などを聞いていたが、旧統一教会の問題が追い打ちとなり一気に求心力を失いつつある。

    ■大ボスの森元首相も強烈ダメ出し
     発売中の「正論」9月号で、派閥OBの森喜朗元首相は安倍派の後継問題について、こう言及している。

    <みんなの一致していることは下村博文だけは排除しようということ>
    <彼はまだ自分が安倍さんの後継者のつもりで、安倍家に入って葬式を仕切っていたみたいで皆、困り抜いていた>
    <安倍さんは優しいからつきあっていたけど、やっと下村はいかがなものかということがわかってきた。私は具体的にいろいろと知っているけど、ここは武士の情けで明かしません>

     安倍元首相を失った今、党内最大派閥を実質的に仕切るのは大ボスの森氏で、その意向は無視できない。
    下村氏は後継争いから早々に脱落ということだ。

     森氏は3日も、青木幹雄元参院議員会長とともに都内のホテルで岸田首相と会食。
    遠藤利明選対委員長と小渕優子組織運動本部長も同席した。9月の内閣改造・党役員人事について話し合ったとみられる。

    「岸田総理が統一教会と関係が深い人を要職に起用すれば、秋の臨時国会で野党から厳しく追及され、内閣支持率にも影響が出る。
    安倍派からの入閣は、統一教会と縁の薄い人を厳選する必要がある」(自民党関係者)

     やはり安倍派は“下村排除”で一致するしかないのか。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7793842d777b40a52da8363172d8daaf88baf257


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1659781075


    スポンサードリンク
    記事検索
    インフォメーション
    黒マッチョNews」は
    ニュース系スレをまとめて記事にしています。
    TOP絵は随時募集中です。



    このブログについて

    RSS
    RSSはこちら
    携帯用QR
    Archives
    ランキング
    Amazon
    ランキング
    この日記のはてなブックマーク数


    人気ブログランキングへ
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ