ヘッドライン

    お勧め記事

    中国

    はてなブックマークに追加
    1 名前::2022/06/13(月) 12:09:12.94 ID:CDqgP+6R0.net BE:271912485-2BP(1500)

    https://img.5ch.net/ico/nida.gif

    中国の台湾産ハタ禁輸 蔡総統「国際規範に再び違反」

    (台北、屏東中央社)中国が台湾産のハタを一時的に輸入停止すると発表したのを受け、蔡英文(さいえいぶん)総統は11日、「中国が国際的な規範に再び違反したことを厳正にけん責する」とフェイスブックに記した。

    中国から昨年、禁止薬物をハタの活魚から検出したとの通達があったが、行政院(内閣)農業委員会の陳吉仲(ちんきちちゅう)主任委員(閣僚)はその後の調査で安全性に問題がないことは確認されたと反論。中国は昨年3月以降、台湾産のパイナップルやレンブ、バンレイシ(釈迦頭)の輸入も停止しており、一連の禁輸は台湾への政治的圧力とみられている。

    蔡氏はフェイスブックで「両岸(台湾と中国)の貿易における正常なやりとりに何の利益もない上、一方的に両岸関係を傷つけた」ともつづった。

    蘇貞昌(そていしょう)行政院長(首相)は12日、報道陣の取材に対し、台湾が提示した科学的根拠に対する回答がないまま禁輸に踏み切られたとし、このような横暴なやり方は国際慣例に反すると訴えた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5a5efd4760cf73d27a034bf6c10424b43e8394b8


    高級広東料理 ハタの中華蒸し
    https://i.imgur.com/Ue5lAFT.jpg

    https://i.imgur.com/2obEM9T.jpg



    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1655089752


    はてなブックマークに追加
    1 名前:令和大日本憂国義勇隊(栄光への開拓地) [KR]:2022/06/11(土) 07:31:33 ID:●.net BE:828293379-PLT


    ソースは2以降


    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1654900293


    はてなブックマークに追加
    1 名前::2022/06/09(木) 16:53:53.22 ID:q6fs99RK0●.net BE:561344745-PLT(13000)

    https://img.5ch.net/premium/1372182.gif

    6月3日の日経新聞の報道によると、日本もとうとう、無人攻撃機の開発に乗り出すことが分かった。開発は米国の技術協力のもと行われ、2025年までに試作品の開発、2035年までの配備を目指している。
    2035年というと航空自衛隊が計画する次期戦闘機「FX(Fighter X)」の就役目標と重なる。開発される無人機は戦闘機支援を目的としたものになり、FXには無人機の制御機能が搭載されていると噂されており、無人機はFXとの連携をみすえたものになると思われ、
    アメリカ開発を進める第6世代戦闘機NGADと同じコンセプトになる。無人攻撃機は既に世界の軍の主流になりつつあり、うれしい話だが、
    日本は今のところ無人攻撃機を保有していないし、数年以内に保有するという話も聞かない。もし、2035年が初では遅すぎる。

    ロシアによるウクライナ侵攻でドローン・無人攻撃機に注目が集まっており、ゲームチェンジャーと言われているが、無人攻撃機の戦地の投入は大分前から行われている。
    いち早く戦地に投入したのは米軍になり、1995年から無人攻撃機のRQ-1 プレデターをイラクやアフガニスタンといった中東に配備。偵察や攻撃任務を行ってきた。ただ、アメリカの場合は圧倒的航空優位を保持した上で無人機を投入しており、戦局に影響を与えるようなものではなかった。
    無人機が戦局に大きな影響を与えると認識されたのは2020年ナゴルノ・カラバフ紛争になる。アルメニアとアゼルバイジャンとの間で起きたこの戦争はアゼルバイジャンの勝利で終わった。
    もともと国力ではアゼルバイジャンの方が上で、アゼルバイジャン優勢と思われたが、戦局の決め手となったのは無人機・ドローンの運用とされている。
    トルコの支援を受けていたアゼルバイジャンは今のウクライナと同様に無人攻撃機のバイラクタルTB2や自爆ドローンの提供を受け、戦場に投入。これでアルメニアの陣地を丸裸にして、効果的な攻撃を行い勝利した。
    強度の高い戦場での無人機、ドローンの有効性を各国が再認識、さらに評価を高めたバイラクタルTB2には注文が殺到、10か国以上が採用を決めた。ウクライナは以前より購入していたが、追加購入を決めた。

    https://milirepo.sabatech.jp/japan-is-finally-developing-an-unmanned-attack-aircraft-leading-chinese-unmanned-attack-aircraft/


    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1654761233


    はてなブックマークに追加
    1 名前::2022/06/06(月) 20:14:39.43 ID:Hjgb7H4g0●.net BE:784885787-PLT(16000)

    https://img.5ch.net/ico/fujisan.gif

    海外「一度日本を裏切ってるのに…」 スリランカ政府による日本への要求に現地から怒りの声
    経常赤字の拡大やインフレの急速な加速などにより、
    現在深刻な経済危機に直面しているスリランカ。

    同国は財政と経常収支の双子の赤字を抱えているため、
    以前から経済的に難しい状況にあったのですが、
    そこに追い打ちをかけるように、世界的なコロナ禍となり、
    外国人観光客の来訪が止まってしまった事で、状況はさらに悪化しています。

    そのような中で、スリランカのラジャパクサ大統領は先月26日、
    27回国際交流会議「アジアの未来」にオンライン講演で出席し、
    講演の中で、日本などに対して支援と連帯の拡大を求めました。

    地元紙はこの件を「大統領が日本にリクエスト」との題で報道。
    通常であれば大きな問題にはならないであろう発言ですが、
    しかしラジャパクサ大統領は2020年9月、
    日本が資金援助するライトレール(LRT)計画を、
    コスト面の懸念などを理由に一方的に中止にしている事から、
    今になって日本を頼りにしている事に対して、
    スリランカ国民から批判の声が文字通り殺到していました。
    寄せられていた反応をまとめましたので、ごらんください。

    翻訳元■■(シェアページからも)

    ■ 日本のプロジェクトをストップした政府なのになぁ。 +31

    ■ 今さら日本だけを頼りにするの?ここ数年は中国を重視して、日本は無視してたのに、
      ここに来て突然また日本が良くなったって?🤨 +2

    ■ 日本はコロンボの鉄道の件で裏切られた事を忘れはしないはず。 +38

    ■ 日本がバングラデシュを支援した結果、バングラデシュは今上手くやっている。
      俺たちは間違ったパートナーを選んでしまった……。 +1

    ■ LRTプロジェクトを同意なしにキャンセルしたのに今さら日本に支援を求めるなんて……。

    ■ LRTのプロジェクトをキャンセルとした時は、日本に対して何も説明しなかったのにねぇ。 +53

    ■ 頼む……。これ以上国民に恥をかかせないでくれ……。 +1


    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1654514079


    はてなブックマークに追加
    1 名前::2022/06/06(月) 12:10:57.07 ID:UUvOupMt0.net BE:271912485-2BP(1500)

    https://img.5ch.net/ico/nida.gif

    > より大きな貿易相手国はどこか?

    赤=中国
    青=アメリカ

    1980~2018年の推移

    https://imgur.com/ZFW7vsg.gif

    ちな先端技術競争

    https://imgur.com/Nepnc8D.jpg

    https://jp.wsj.com/articles/who-won-the-u-s-china-trade-war-11653103221


    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1654485057


    はてなブックマークに追加
    1 名前::2022/06/05(日) 12:47:49.71 ID:91NFc3iv0.net BE:754019341-PLT(12346)

    https://img.5ch.net/ico/nida.gif

    「ウイグル族弾圧はデマ」、個人装い「中国寄り」投稿拡散…日本標的に組織的情報工作か

    https://www.yomiuri.co.jp/world/20220605-OYT1T50064/

     個人を装い、中国政府寄りの主張を英語などで不正に拡散させていたとして昨年、米ツイッター社が2160のアカウントを凍結し、
    その中の少なくとも45アカウントから日本語で発信されていたことが、読売新聞の調査でわかった。
    中国による新疆ウイグル自治区の少数民族弾圧を「デマ」だとする内容だった。同社は組織的な情報工作を指摘しており、日本が標的になっていることがうかがえる。
    (略)


    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1654400869


    はてなブックマークに追加
    1 名前::2022/06/04(土) 07:13:26.81 ID:NvjnS9Km0.net BE:902666507-2BP(1500)

    https://img.5ch.net/ico/samekimusume32.gif



    「その2005年、駐日中国大使館の武官が、海上自衛隊の海将補から日本の潜水艦機密情報を入手していた疑いが発覚しました」

     と語るのは、勝丸氏。

     事件の端緒は、ある薬事法違反事件だった。

    「警視庁の生活安全部が、貿易会社の社長と健康食品を扱う中国人女性を薬事法違反で逮捕しました。厚生労働省の許可を得ず、健康食品を販売していたのです」

     捜査員が、中国人女性の自宅を家宅捜索したところ、意外なものが見つかった。

    「海上自衛隊の海将補に関する資料が大量に出てきたのです。捜査を進めると、逮捕した中国人女性の夫は、駐日中国大使館に勤務する武官であることが判明。武官は怪しい動きをしていることが分かりました」

    もっともこの事件は、ある意味、異例な形で公安部に情報が伝えられた。

    「元々生活安全部は刑事部と同様、公安部が大嫌いなんです。スパイ事件とわかっていても、公安に何も知らせないことはよくある。ところが、当時の生活安全部長は公安出身だったので、薬事法違反の捜査をいったん打ち切って、公安部外事2課に情報を提供してくれたのです」

     公安部外事2課は、武官と元海将補の周辺を本格的に捜査した。

    捜査の結果、武官は十数回に渡って海将補と接触していたことが判明した。

    「武官は海将補を都内にある高級中華レストランで接待していたことも確認しました。海将補は潜水艦に乗務する部下からスクリュー音を小さくする技術と潜水艦のハッチに使われている防水ラバーに関する情報をわざわざ聞いたようでした」

    もっとも、公安部の捜査が自身に迫っていることを知った武官は中国へ帰国。一方、公安部外事2課は、すでに退官していた海将補を任意で事情聴取した。

    「元海将補は、武官と会っていたことは認めましたが、潜水艦のスクリュー技術などは一切教えていないと、容疑を否認しました。確たる証拠がなかったので、結局、立件することはできませんでした。しかし状況証拠では、日本の潜水艦機密情報が中国に流れたのは間違いないとみています。あの時、逮捕できなかったことは今も悔いが残ります。残念でなりません」

     日本にスパイ防止法が成立していれば、状況証拠だけでも立件できたという。

    https://www.dailyshincho.jp/article/2022/06020601/


    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1654294406


    はてなブックマークに追加
    1 名前:(雲) [US]:2022/06/03(金) 08:19:21 ID:0●.net BE:593349633-PLT


    >ツイッターより

    帰化は『当該国に帰化した日本人の数を上限』にすべきです。
    毎年、中朝韓で10,000人近くが帰化していますが、日本人がこれらの国に帰化するのは毎年10人程度です。

    つまり、中朝韓からの帰化も10人程度を上限にすべきです。人種差別に強く反対します。

    https://i.imgur.com/WMXQUKC.jpg




    【関連】 日本への国籍別帰化人数がこちら
    https://pbs.twimg.com/media/FUQCvV5UUAEpzNO.jpg


    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1654211961


    はてなブックマークに追加
    1 名前::2022/06/01(水) 07:08:16.92 0● BE:135350223-2BP(2000).net

    https://img.5ch.net/ico/monaazarashi_1.gif

    「やっと人間の世界に戻った」と涙…中国で日本移住の人気が急上昇の事情


     中国最大の検索エンジン百度(バイドゥ)や最大手のメッセンジャーアプリ「ウィーチャット」では、3月下旬から、「移民」というキーワードの検索数が爆増したという。
    例えば、ウィーチャットでの検索数は、4月3日の1日だけで5000万以上となった。単純計算で全人口のうち、約30人に1人が「移民」に関心を持っていることとなる。
    特に4月3日は、政府がゼロコロナ政策の継続姿勢を明らかにしたこともあり、国民の間で“脱出”への関心が高まったようだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ed4e2ee242d81843d89bf0a06a628c4e5fe5d971


    https://i.imgur.com/LHDUYZr.jpg



    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1654034896


    はてなブックマークに追加
    1 名前::2022/05/31(火) 19:29:16.86 ID:n6cLYf830.net BE:271912485-2BP(1500)

    https://img.5ch.net/ico/nida.gif

    「やっと人間の世界に戻った」と涙…中国で日本移住の人気が急上昇の事情

    ● 日本に行きたがる 中国のエリートたち

     「日本にはどうやったら行けるのか」という問い合わせが急増しているのは、こうした専門の会社だけではなさそうだ。

     都内で20年以上貿易会社を営む上海出身の友人夫婦は、上海の知り合いから「『経営・管理』のビザを申請したい」「手続きの手伝いをしてほしい」といった依頼が、今年に入って十数件はあったという。そして、そのうちの2組は先日、ロックダウン下の上海から無事に日本に到着したそうだ。

     また、東京に住む30代の上海出身男性・馬さん(仮名)は、日本での日常生活や自身の体験などを中国向けに発信しているのだが、上海のロックダウン以降、フォロワーが急増したのだという。「日本に行きたい」「アドバイスが欲しい」といったメッセージが多数寄せられた。

     馬さんは、「日本へ行きたい」人が増えていることについて、これまでとは違う傾向があると感じているという。

     「これまでも日本を目指す人もいたが、今回は明らかに層が違う。高学歴、超お金持ち、そして教授や医師などのエリートが多くなったと感じ、実に驚いている。しかも、彼らはもうすでに移住の手続きを始めているのだ」(馬さん)

     馬さんは、日本は中国と距離的に近いこと、同じアジアの国であり、文化や生活習慣も比較的似ていることなどが移住を希望する理由なのではないかとみている。治安が良いイメージもある。

     また張さんと同じく、上海のロックダウンは中国人の心境に大きな変化を与えたとみる。

     「ロックダウン中はずっと部屋から出られない。陽性になれば、家族全員がコンテナ隔離施設に送り込まれてしまう。その上、家の鍵を渡せと言われ、勝手に消毒されて家の中はビショビショ……。多くの人がこの現状に希望を失ったと思う」(馬さん)

     ただ移住に関しては、適している国は人それぞれという冷静な考え方を持っている。

     「日本はいい国だと思うが、これまで僕からは今まで一度も移住先として日本を勧めることはしなかった。なぜなら、完璧な国は世界中どこにもないし、価値観は人はそれぞれ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ed4e2ee242d81843d89bf0a06a628c4e5fe5d971?page=2


    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1653992956


    スポンサードリンク
    記事検索
    インフォメーション
    黒マッチョNews」は
    ニュース系スレをまとめて記事にしています。
    TOP絵は随時募集中です。



    このブログについて

    RSS
    RSSはこちら
    携帯用QR
    Archives
    ランキング
    Amazon
    ランキング
    この日記のはてなブックマーク数


    人気ブログランキングへ
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    このページのトップヘ